チェルノブイリ原発事故-悲劇を体験して

1986年4月26日(現地時間)、チェルノブイリ原子力発電所で、国際原子力事象評価度(INES)において最悪のレベル7(深刻な事故)にあたる事故が発生しました。そして、32年経った今も被害は続いています。
グリーンコープでは、事故を体験したウクライナの女性ジャーナリストで、事故の実情を報道し「金のペン賞」を受賞したリュドミラ・メハさんを講師に講演会を開催します。原発事故で何が起こったか、福島とは異なる体験を聞くことが出来る貴重な機会です。みなさんの参加をお待ちしています。

    日時:2019年1月11日(金)
        10:30~12:30
    会場:長崎歴史文化博物館

詳しくはこちらから

コメントは受け付けていません。